Economy

【格安SIMのメリット・デメリット】格安SIMを使って3年目のおでんが紹介します。

こんにちは、おでんです。

 

毎月かかる携帯料金を抑えたい。

少しでも節約したい!

と悩んでいるあなたへ。月々かかる携帯代かなり高いですよね。しょっちゅう電話をかけていれば月々10000円を超える方もいるかと思います。

 

その携帯代が1000円台になったら嬉しくないですか?10分の1ですよ!その浮いたお金を貯めて旅行へ行ったり、大切な人と食事に行ったりできます。

 

その方法というのが「格安SIM」への乗り換えです。格安SIMを使って3年目の私があなたの悩みを解決します。

 

この記事を読み行動することで毎月の携帯代(固定費)を抑えることができます。格安SIMを実際に使った体験談も含めてお伝えします。

 

さっそく参りましょう!

 

格安SIMのメリット

~節約ができる~

格安SIMの魅力は何といっても節約ができる点です。実際に格安SIMを使っている私の携帯代をお伝えします。

 

携帯代いくら?おでんの携帯代を教えます

現在、格安SIMの「Y!mobile」を利用しており、携帯代はなんと月々1,900円(2年目から2,900円)です。破格の1,000円台です。

2年前は「UQmobile」を使用しており月々2,000円程でした。「Y!mobile」と料金面では大差はありません。

 

昔は高かった携帯代

私も3年前は大手携帯会社で契約をしており、その時の携帯代は7,000円程度でした。その時と比べるとこの時点で5,000円の節約ができています。

5,000円を年間にすると5,000円×12か月=60,000円です。60,000円あれば旅行の足しになりますし、美味しいものだって食べに行けます。

 

~契約期間・解約金に縛りがない~

大手携帯会社の場合、2年以内に解約してしまうと解約金が発生する所謂「2年縛り」というものが存在します。

一方、「格安SIM」では契約期間が短いものや契約期間が定められていないものも存在します。つまり2年以内に解約しても解約料金がかからないというメリットがあります。

※Y!mobileは2019年10月1日から「2年縛り」がなくなります!

 

~自分に合ったサービスを選択できる~

格安SIMの基本的な料金設定は簡単です。

プラン データ通信費 料金
Sプラン 3GB/月 1,480円~
Mプラン 9GB/月 2,280円~
Lプラン 21GB/月 3,980円~

※Y!mobileの設定料金で上記記載の料金は「おうち割 光セット(A)適用時」です。

 

このように月々のデータ通信費に合わせて料金が変わり、携帯を使う頻度に分けてプランを変更することができます。

さらに、「SNS見放題プラン」「通話し放題」などユーザーに合わせたプランがあるので、自分にあったサービスを組み合わせてプランを決めることができます。

 

格安SIMのデメリット

~ギガ数が少ない~

格安SIMはギガ数が少ないため非常に通信制限になりやすい面があります。ただ、外で動画みたり大きい容量のものをダウンロードさえしなければ月々3GBほどで十分使えます。

動画を見る際はWiFiに必ず接続するなど、少々気を付けなければいけないポイントがあります。

 

~キャリアメールが使えない~

大手携帯会社ではキャリアメールを使えます。「~@docomo.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」などですね。

格安SIMになると上記のようなキャリアメールは存在せず、「~@icloud.com」「~@gmail.com」などのフリーメールを使用することになります。

普段、メール機能は使わないよという方はそこまで問題にならないでしょう。

 

~通信速度はやや落ちる~

格安SIMは大手携帯会社の回線を借りています。大手携帯会社の回線の一部を借りているため、大手携帯会社に比べると通信速度は劣るでしょう。

ただ、最近は格安SIMが出回っているため通信環境も安定してきているため、よっぽど外で動画を見たりゲームをしなければ通信速度の遅さは気になりません。

 

 

格安SIMを使った感想!

格安SIMを3年間使用していますが、正直大手キャリアの携帯会社と使用上での大差はないです。

私は普段携帯の使用頻度としては「LINEのやりとり」「Web閲覧」「アプリ使用」と一般ユーザーと変わりありません。外出先でも携帯を普通に使用しています。

一方、YoutubeやInstagram等の動画を見る際はWiFiスポット以外では使用しないという風に気を付けています。動画関係は自宅でみるように心がけています。

このように動画やゲームは自宅以外ではあまりしないという方は断然格安SIMがおススメです。

 

料金を抑えられるからメリットの方が何倍も大きい

上記のようにデメリットも一部紹介しましたが、固定費を抑えることができるのはかなり良いです。固定費を抑えられるなら多少の我慢もできるというのが正直な感想です。

大手キャリアの携帯会社を使用している方で、本当にその携

帯料金は自分に見合ってるか再度確認することをおススメします。

携帯のシステムはかなり複雑で「使えればいいや!」と思っていたら携帯会社の思うつぼです。その中でも調べて賢く固定費を抑えていくことが大切です。

 

格安SIMが向いている人 VS 格安SIMが向いていない人

格安SIMが向いている人の特徴として以下が挙げられます。

 

・1円でも多く携帯料金を抑えたい

・料金が抑えられるのであれば多少の我慢ができる

・外出先で動画やゲーム等の高通信サービスを使用しない

・お得に生活する情報を自分で調べられる人

 

 

逆に格安SIMが向いていない人の特徴は以下になります。

 

・携帯代を抑えようとは思っていない人

・外出先でも動画やゲームをしたい人

・スマホを全くストレスなく使用したい人

・自分で調べようとしない人

 

 

まとめ

今回は「格安SIM」に乗り換えようか迷っているけど、なかなか決断ができないという方に向けて記事を書きました。

格安SIMを3年間使用していますが、携帯を使用する上で大手携帯会社と比べて大きな差はないというのが正直な感想です。

大手携帯会社のサービスを何としても使いたいという人は別ですが、外出先ではLINEのやりとりやWeb閲覧しかしないという人は逆に格安SIMにしない理由がないと思っています。

今後、格安SIMの各会社を比べる記事や格安SIMそれぞれの会社の強みなど紹介していく予定なので、比較して検討してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

UQ mobile

-Economy

Copyright© Oden Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.