Thought

【20代必見】お金の使い道を変えないと人生損します。

2019年9月5日

こんにちは、おでんです。

 

本日は「20代の方に向けたお金の使い道」についてお話していこうと思います。

 

「貯金ができない」

「もっとお金がほしい」

「将来が不安」

 

20代はそんな悩みが毎日尽きませんよね。

 

ましてや今の日本の状況から考えると今の20代は過去の失態のしりぬぐいをしている世代と言いますか、自分の将来が不安で仕方がありません。

 

一方で、20代は人生の中でいっぱいお金を使いたい年代でもあります。

 

「もっと旅行に行きたい」「おいしいものを食べたい」「好きな服を買いたい」「車がほしい」など、贅沢な暮らしを夢見る年代です。

 

今回の記事では、その現状と夢のギャップを感じながら生きる20代に向けて記事を書きました。

 

この記事を読むことで、お金の使い道がわかります。つまり、何を節約し何にお金を使えばよいかが分かります。

 

今までもっていたお金の価値観(考え方)を変えるきっかけになると思います。

 

将来の不安に備えてお金を貯めるのはもちろん大切ですが、それ以上にお金を何に使うかが非常に大切になっていきます。

 

結論から言っちゃいます。「20代は貯金を考えず自己投資をしろ!」です。

 

 

頼りない日本のお金事情~20代がお金の使い道を考えるべき理由~

 

さっそくですが、20代に限らず日本人の多くは何故お金の悩みが尽きないのでしょうか。

 

それは日本のお財布事情(経済状況)が悪化しているためです。

 

日本の政治が悪くなれば、自分たちの働く会社も影響を受ける。つまり、自分たちのお財布事情も厳しくなってくるということです。

 

なので、サラリーマンとして一生働くという昔の常識が今では崩れかかっていると言えます。

 

その背景として最近よくテレビで「2000万円貯金しなさい!」「副業解禁!」そんな言葉が飛び交うようになりましたね。

 

昔とは違う今の日本

終身雇用や年功序列の制度が終了しました

 

理由は簡単です。日本が不景気だからです。

 

一昔前は、会社や国が自分を守ってくれる時代でしたが今は自分の身は自分で守る風潮になってきましたね。

 

時代の流れなので仕方がないと言えば仕方がないのですが、昔の景気が良かったころのしわ寄せがきているのが今の20代だと思います。

 

お金がかかる20代

どんな時代でも20代はお金がかかりますよね。

 

遊びや飲み会、欲しいもの、付き合いなどお金を使おうと思えばいくらでも使えると思います。

 

お金がいくらあっても足りませんよね。

 

それなのに国からは貯金しろ、投資しろと言われ「どこからそんなお金が出てくるの?」と思う方がいっぱいいるでしょう。

 

20代のお金の使い道は貯金?いや、お金は使いましょう。

 

日本の状況をざっくりとまとめました。普通ならここで「将来のために貯金しなきゃ!」となるのですが、貯金をしてはいけません。

 

お金は使いましょう。

 

ここでいう貯金をするなというのは、必要最低限上の貯金をするなということで「いざ」というときに使えるお金は残しておきましょう。

 

 

今貯めているお金は何に使いますか

 

今、貯金をしている方に質問します。

 

そのお金は何に使いますか?

 

「老後のために貯めています」「何かあった時のために貯めています」という方がいるとしましょう。

 

例えば、25歳の方が老後のために毎月1万円を積み立て貯金している方がいるとしましょう。

 

1万円×12か月×40年間(65歳まで)=480万円。

 

 

480万円は20代からすると大金ですが、65歳からの生活を考えたときはたった480万円です。

 

 

それなら年収を480万円上げることを考えたほうがより効率的です。年収をあげる努力を今の20代でやるべきだと思いませんか?

 

貯金は何かの目的のためにする

 

貯金は何かの目的のためにしましょう。

 

例えば、旅行や欲しいもの、自己投資に使いましましょう。

 

何かがあった時のために貯めているお金ほど無駄なものはないです。何かがあった時の何かとはなんでしょうか。

 

その貯金で将来の自分のためになるもの(年収が上がること)に使ったほうが効率が良いです。

 

積み立て貯金はするべき?

 

それでも政府から貯金をしろと言われ「不安だから一応積み立て始めました」という方もいるでしょう。

 

待ってください。確かに将来に向けて小額から積み立てすることは確実だと思いますが今でもギリギリの人がさらに切り崩して将来に向けて貯金することが本当に正しいでしょうか。

 

逆に言うと、その貯金しているお金で20代でしか経験できないことの機会を失っていることに気づきませんか?

 

 

将来にむけてお金を貯めることは大切だと思います。しかし、今この瞬間を我慢して貯金することが20代で合っているかと言われれば疑問です。

 

20代はお金を自分のために使える年代

 

20代のうちから老後のことを考えて幸せですか?

 

20代は先のことを考えずにお金を使える年代だと思います。

 

30代になれば結婚、40代になれば子育て、50代になれば親の世話など嫌でも他人にお金を使わなければいけない時が来ます。

 

そのため20代というのは先のことを深く考えず、自分のためにお金を使える最後の年代だと思います。

 

失敗できるのも20代

20代でお金の大きな失敗をするのも大切です。

 

ギャンブルで大きく損した

飲み会でたくさん使った

欲しいものを買い漁った

 

 

その経験が30代、40代で役に立ちます。

 

「若いときはあんな馬鹿なことに金を使ったな」という経験が後々、自分のためになります。

 

その経験をした人は将来、「無駄なことに金をかけず貯金しよう」となりますよね。ある意味20代でできる自己投資だと思います。

 

お金の使い道がわからない20代が今すべき行動

 

これまで、20代は貯金せずに自分のためにお金を使いましょうというお話をしました。

 

続いては、自分の欲望のためにただお金を使うのはよくないという話をしていきましょう。

 

お金はいくらあっても足りない

 

あなたはお金を貯めて何がしたいですか?

 

・ひたすら飲んだくれてあそびたい

・自分の欲しいものを我慢せずに買いたい

・海外旅行に行きたい

 

 

自分の欲を満たすためにお金がほしいのではないですか?

 

それではお金はいくらあっても足りませんその欲はどんどん大きくなっていくものです。それに合わせてお金をもっとほしくなります。

 

「じゃ、どうすればいいの?」という疑問にお答えします。

 

支出<収入を維持する

 

まずは、今の収入と支出を把握しましょう。

 

そのうえで、支出<収入となるように生活水準(支出)を下げていきます。

 

支出を下げる最大の理由は、お金はいくらあっても足りないです。

 

そのため、現状の収入内で自分の欲を満たさなければいけないのです。

 

支出を減らす方法

 

まずは、1か月にいくらかかっているか紙に書いてみましょう。

 

〇収入

 給料:20万円

〇支出

 家賃:8万円

 携帯:1万円

 光熱費:2万円

 食費:3万円

 保険:1万円

 交際費:3万円

 

などなどそこから無駄を省ける項目はありませんか?

 

保険料や携帯、食費、交際費など見てみると無駄がたくさんありますよね。

 

そして、1か月自分が何に一番お金をかけているかを把握する。

 

交際費や飲み会、買い物など今の収入と合っているのかを確認します。

 

合っていない場合は、給料と自分の欲がかけ離れているのでそこを減らす努力をしていかなければなりません。

 

お金をかける項目は自己投資

 

 

無駄を省き余るお金が増えたら何に使うか。

 

答えは、自己投資です。

 

20代で自己投資をしなさいと本やサイトでも書いていますが自己投資とは具体的にどういうことでしょうか。

 

それは将来の生産性を見込めるもの、つまり将来の自分のためになるもの、自分に見返るがくるだろうと思うことにお金をかけましょう。

 

例えば

・ブログで収益化したいと思えばパソコンを買う

・自分の価値観を広げたい思えば旅行や本にお金を使う

 

特に20代は人間的にも未熟な部分があるので、自己研鑽できるものにお金をかけられるといいですね。

 

欲しいものがある時は計画的に

 

「それでもほしいものがある」という人は

 

・毎月積み立て貯金をして買う。

・メルカリ等でお金を稼ぐ

 

そのようにしてできるだけ支出<収入を守っていきましょう。

 

計画を立てて欲しいものを買いましょう。衝動でカードローンを組んだり、借金したりするのはやめましょう。

 

欲望を満たすためではなく、自分の将来のためにお金を使う

 

今までの話のまとめに入ります。

 

「自分の欲望を満たすためではなく、将来のために自己投資をする」のが本当のお金の使い道です。

 

お金を貯めるか、使うかのどちらかが正解でなくお金の使い道を考えることが正解です。

 

そのために「収入を増やすための自己投資を積極的に行うこと」「今の生活水準を上げない努力」この2点を意識することが非常に大切です。

 

それが今の日本を不安なく生きていく20代のお金の価値観です。

 

お金の不安は一生付きまとうものです。30代、40代になってもお金の不安が消えない人はたくさんいます。

 

そんな30代、40代は嫌だ!という方はいますぐお金の価値観を変えていくべきです。

 

「将来が不安だからお金を貯めなきゃ」とネガティブにお金を貯めるよりも「不安な将来に向けて収入を増やしてやる!」とポジティブにお金を使えた方が楽しいです。

 

明るい将来に向かって積極的にお金を使っていきましょう。

 

お金の価値観が変わらない方へ

 

今までの話を聞いて「結局、何にお金を使うべき?」と思う方は多いと思います。

 

これらの記事を読んで完全に理解できない方は、お金の価値観を自分で変えていくしか方法はありません。

 

それはお金の価値観を今まで学んでこなれなかった日本の教育が悪いです。

 

筆者は独学でお金の価値観を身に付けてお金の使い方を学びました。

 

お金の不安を消し、お金に縛られない生き方をともに歩みましょう。

 

そんな筆者が参考にしたお金の価値観を学べる書籍を紹介します。

 

お金の価値観を学べる書籍3選

●金持ち父さん貧乏父さん

●お金持ち生活のつくり方

 
 

●世界一受けたいお金の授業

 

-Thought

Copyright© Oden Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.