Thought

行動が大切!悩み事・考え事今すぐやめましょう。時間がもったいないです。

2019年9月18日

こんにちは、おでんです。

 

悩み事や考え事はみなさんに共通してあることだと思います。毎日の仕事や人間関係、家庭環境に悩んでいる人もいるでしょう。毎日毎日悩み事絶えませんよね。

でも、その悩み事・考え事に何時間費やしているか考えたことはありますか?多い人であれば何時間・何日と悩み考え続けているでしょう。

 

これを見て「私だ!」と思ったあなたへ。その時間かなりもったいないです。悩み事・考えする時間を今すぐ少なくして行動しましょう。

この記事を読むことで悩み事・考え事の時間が減り、自分にとって有意義な時間が増えるでしょう。

上記を深堀していきます。

 

考え事VS悩み事

考え事

考え事は主体が内部にあります。原因が自分にあり自分が何か行動すれば解決できるものです。つまり結果を自分でコントロールできるものを指します。

なので、考え行動に移すまでの時間もコントロールすることができるのです。

 

悩み事

悩み事は主体が外部にあります。つまり、原因が相手(環境)にあり自分ではどうにもできないことです。

なのでいくら悩んでも結果をコントロールできないので、いつまでたってもクヨクヨ悩んでしまう。その度が越える人は一日中悩んだり次の仕事に支障が出たりします。

 

考え事は早く、悩み事はしない

考え事と悩み事に共通することは「時間の浪費」です。どちらも自分の大切な時間を奪ってしまいます。

考える時間はある程度必要です。結果をコントロールできるので自分で解決できそうであれば考える時間も大切です。しかし、解決案がでているのに考え続けるのは時間がもったいないので解決案が出たらすぐに行動です。

 

悩む時間は正直無駄です。理由はいくら自分が悩んでも解決できないことがほとんどだからです。原因が相手(環境)にあるためいくら自分の時間をかけても意味がありません。

 

つまり、考え事は早めに終わり、悩み事はしないが鉄則です。

 

考え事と悩み事を区別する

何か考え事・悩み事があった時、まず「考え事」と「悩み事」を区別すると良いです。区別する方法は、それは自分で解決できるかどうかです。この基準に従って区別していきましょう。

 

「考え事のつもりが悩み事だった」ということが結構あるので、悩み事だと思った瞬間に「悩んでいても仕方がない」と決め悩むことをやめましょう。

 

 

悩み事 例)仕事で上司に怒られた

仕事で失敗して怒られた時になんで怒られたのか考えます。自分に非があることがわかれば次から気を付ければ良いので、それで考える時間は終わりです。

一方、「また怒られんじゃないか」「上司に嫌われたかな」と思った時点で”悩み事”です。時間の無駄です。怒る・嫌うという主語が上司にあたるので上司がどう思うかで決まります。

あなたがいくら悩んだところで上司が怒るか嫌うか、優しくするか好きになるかの結果はわかりません。なので「これは悩み事だからすぐにやめよう」と自分で感情をコントロールすることが大切です。

 

 

行動しているときは悩まない

ここ大切です。何か行動しているときは悩みはありません。例えば、旅行などの楽しいことや趣味に没頭する時は悩み事・考え事をしませんよね?

考える・悩む時間があるから、考え悩んでしまうのです。「気を紛らわす」と言い方もありますが、悩み事で時間を奪われるより何十倍も有益な時間ですよ。

考える悩む時間を減らし今すぐ行動したほうが得策です。

 

まとめ

これまでの思考方法を試しストレスから解放されました。自分で感情をコントロールできるようになれば溜めなくていいストレスが溜まらないので生活がすごく楽です。

 

最後に、筆者が体験したことを綴りますので興味のある方はご参照ください。

おでんの実践

私は仕事で患者さんを相手にすることが多くあります。人を相手にする仕事なのでトラブルはつきもので、ある時事件が起きました。

普段通りリハビリをしていたのですが、相手が終始かなり険しい表情をしていまいました。「この人不愛想だな」と僕自身心の中で思っていました。

翌日になると患者さんからリハビリ宛に苦情が来ていました。「担当を外してほしい、あの人のリハビリは嫌だ」と。昨日私がリハビリをしていた人からでした。

 

すごく嫌な気分になり、嫌な気持ちを家に持ち帰りました。家族と話しても楽しくないし、「なんでそんなこと言われなくてはいけないんだ」と内心苛立ちさえありました。

 

そこで初めから当時のことを思い返してみました。一つの原因が思い浮かびました。「自分の最初の挨拶が悪かった」と。それから悩むのはやめ「明日から元気いっぱい挨拶しよう」という風に変わりました。

その瞬間からブログを書く(行動)ことで、悩む時間を無くすことができ有益な時間を作ることができました。

 

考えた後はすぐに行動する

「自分の最初の挨拶が悪かった」と結論はでましたが、「本当にそれだけか」「まだほかに原因はないか」と不安が押し寄せるため、自分なりの結論が出たらすぐに行動してください。

不安を吹き飛ばす行動が取れれば尚良いです。僕の場合はブログでした。

 

ブログが良い理由

趣味があればそれに没頭すれば良いですが、趣味がない人はブログがおススメです。私のような失敗談・経験が活きるからです。さらに、この記事を読んで少しでも気が楽になった方がいるならば本望です。

 

思い悩むことは自分を苦しめます。一見、相手のことを考えているようですが、自分を犠牲にしていますよ。自分を犠牲にして悩むことではありません。

 

自分を一番に大切にしてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

最後にブログを始めてみたいという方に向けてリンクを貼っておきます!

ブログを始めて良かった!~5つのメリット~

 

-Thought

Copyright© Oden Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.