WORK

上司への相談がしづらい!上司に相談するべき理由・相談の仕方お伝えします。

2019年7月1日

 

困った人

上司と話すのが苦手

上司に相談しづらい

上司とどう話しかけていいかわからない

 

と悩んでいるあなたに向けて記事を書きました。

 

本日の記事内容

・なぜ、上司に相談しづらいのか

・上司に相談する3つのメリット

・上司への相談の仕方

 

上司への相談を通して上司との関係性が良くなり、私は現在伸び伸びと働くことができています

 

上司への相談がうまくいくと上司と良い関係性を築けたり、会社でのストレスがなくなるといったメリットがたくさんあります。

 

お仕事で悩みがある方は「仕事で悩んだときに読む本3選。悩みのジャンルに分けて紹介します。」をご参照ください。

 

ぜひ最後まで読んでみてください。早速参りましょう!

 

 

なぜ、上司に相談しづらいのか

 

まず最初に、上司に相談しづらい理由を考えてみましょう。

 

・上司が怖い、怒られるんじゃないか

・相談といっても何を話していいかわからない

・話しかけ難い雰囲気が漂っている

 

こんな感じでしょうか。実は、相談する前から怖気づいているパターンがかなり多いです。

 

上司も同じことを思っている

 

上司にも同じことが言えます。

 

こいつ何考えているかわからないな」「話しかけ難いな」と思っているでしょう。

 

しかし、上司からあなたに話しかけるなんてそんな親切な上司ほとんどいません。日々の業務や会議で忙しいことがほとんどですからね。

 

話しかけるのは自分から

 

上司は忙しいことがほとんどなので話しかけるのは自分からが鉄則です。

 

相談しづらいと悩んでいても何も始まらないし、上司から話しかけてくれるのを待つなど期待を持たない方が良いです。

 

自分から話しかけた方が手っ取り早いです。

 

相談したら案外楽勝

 

相談する前はあんなに怖気づいていたのにいざ相談してみたら楽勝だった。そんなこと多々あります。

 

一度勇気を振り絞って自分から話しかけてみるという行為が非常に大切です。

 

 

次に、上司へ相談するメリットを見ていきましょう。

 

上司に相談するメリット

 

上司に相談することに関して、私はメリットしかないと思っています。

 

・コミュニケーションの機会が増える。

・悩む時間が短縮され、有益な時間を作ることができる。

・自分のことを理解してもらえる。

 

一つ一つ見ていきます。

 

コミュニケーションの機会が増える。

 

当たり前ですが、上司に相談することでコミュニケーションの機会が増えます

 

あくまでも相談=コミュニケーションをとる一つの手段と捉えても良いでしょう。

 

あなたの職場にも上司と平気で喋れる人は必ず一人はいると思います。なぜ、あんなに平然と話せるのでしょうか。答えは、日頃から上司と多くコミュニケーションをとっているからです。

 

困った人
コミュニケーションとれないから困っているんだよ!! 

 

そんな方もいるかと思います。

 

なので、上司とコミュニケーションをとる第一ステップとして、どんな些細なことでも質問・相談してみましょう。 

 

悩む時間が短縮され有益な時間を作ることができる。

 

普通は自分では解決できないことがあるから相談しに行きます。当たり前ですが、自分では解決できないことを時間かけて悩んでいてもただ時間だけが過ぎていきます。

 

自分で全て解決しようとは思わずに上手に周りを使っていきましょう。上司に相談すれば悩み解決までの時間が圧倒的に短縮されます。

 


その空た時間で別の仕事にも取り掛かれるので、有益な時間を作ることができます。悩んだときはすぐに上司に相談して解決すべきです。

 

自分のことを理解してもらえる。

 

日頃から上司とコミュニケーションをとっていると自分のことを理解してもらえます。自分のことを上司に理解してもらえることがストレスなく働くためにはかなり重要だと認識しています。

 

上司が「こいつはこういうやつだ」とある程度分かってくれれば、日ごろのコミュニケーションのハードルはグッと下がります。

 

逆に上司にとって扱い難い部下とは何を考えているのかわからない人です。

 

そういう部下は日頃から上司とのコミュニケーションが不足しています。コミュニケーションが不足することで上司と部下の会話数は減り部下が上司を避けるようになります。

 

その結果、部下は自分のことを理解してくれない、この会社はだめだと文句を言うようになり悪循環が生まれます。

 

それでもまだ、上司とうまくコミュニケーションをとれない!という方も多くいると思うので、上司への相談の仕方を紹介したいと思います。

 

上司への相談の仕方

 

続いては、上司への相談の仕方を確認していきましょう。相談のステップは以下になります。

 

ステップ

1.相談内容を整理する

2.結論から言う

3.相談しているときはメモをとる

4.すぐ行動

 

以上です。1つ1つ見ていきましょう。

 

上司に相談する前に自分で整理してみよう

 

どんな些細なことでも相談すると述べましたが、闇雲に相談してもダメです。

 

冒頭でも述べましたが、上司は基本的に忙しくて時間がありません。相談=上司の時間を奪うという認識を持ちましょう。

 

相談は端的にするのが鉄則です。相談する前に自分は何に困っているのか、何を解決したいのかと問い紙に書くことをおすすめします。

 

結論から言う

 

自分の中で、何を解決したいのかが決まったら上司に相談しましょう。

 


その時は、結論から言います。

 

・○○の件で困っています。

・○○の件が滞っています。

 

その時点で、上司は○○のことで悩んでいるんだな。 と話の趣旨が掴めるので、上司にとってその後の話が入りやすくなります。

 

その後に、現状や具体的な相談内容に入っていけば良いのです。

 

話しかけるタイミング

 

基本的に悩み事があればすぐに相談に行った方が良いです。話しかけるタイミングばかり気にして結局相談できないということはよくあることです。

 

それでも話しかけ難いことはあるかと思うので、そういう時は一言「今話しかけても良いですか?」と一言添えるだけでいいです。

 

「少し待っててくれる?」「あと何分後ならいいよ」と返答がくるのでそれに従いましょう。

 

相談しているときはメモをとる

 

相談しているときは極力メモを取るようにしましょう。話しかけるだけで精いっぱいの方は特に内容が入ってこない可能性があります。

 

メモにはもう一つ効果があります。この部下はきちんと話を聞いていると上司に好印象を与えることができます。

 

すぐ行動

 

相談して終わりではありません。相談した後にはすぐ行動することが大切です。

 

せっかく相談しても自分が何もアクションを起こしていなければ、上司は「俺の言ったことちゃんと理解しているか?」と思うでしょう。

 

相談→行動→報告この順序を守れるとかなり好印象を与えることができます。

 

上司は相談されたい生き物

 

相談されて腹立つ上司はまずいないでしょう。上司は相談されたい生き物だと思っておけば自分から相談するハードルはぐっと下がります。

 

部下から頼られている感じがすると上司は嬉しいものです。

 

最初は緊張すると思いますが、一歩踏み出す勇気がこの後の上司との関係性を良くしてくれます。

 

 

上司への相談を通して「働きやすさ」をつかみにいく:まとめ

 

いかがでしたか?

 

上司に相談する時のポイントをおさらいしましょう。

 

ポイント

① 伝える前に一呼吸おく。

② 自分は何に悩んでいるのか、何を解決したいのか紙に書く。

③ 伝える時は、結論から言う

④ 現状や具体的内容を話す。

⑤すぐに行動

 

 

働く上でストレスを減らすことは非常に大切なことです

 

人に何かを伝えるという行為は、自分の努力・工夫次第で解決できます。 上司とのコミュニケーションにストレスがなくなれば自分らしく働くことに繋がっていきます。

 

自分らしく伸び伸び働きましょう!

 

人気記事①<<【無料期間あり】おすすめ動画配信サービス5選!値段・コンテンツ数を比較。

 

人気記事②<<【徹底解説】Audible(オーディブル)の使い方・料金・メリットデメリットまとめ。Audibleは隙間時間で活躍する。

-WORK

Copyright© Oden Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.