Thought

【素直が1番】自分軸で生きるための7つの習慣

・「自分軸」を持ちたい
・もっと自信持てるようになりたい。

そんな悩み・要望に応える記事を書きました。

私も以前は「自分軸」を持つことができず、仕事・プライベートでも人に振り回され精神的に疲れる生活を送っていました。自分になかなか自信を持てず、仕事にも精がでず心身ともに疲れる毎日を送っていました。

ところが今は「自分軸」を何とか見つけ出し、以前までのストレス生活から何とか抜け出せている自覚があります。

私が自分軸を見つけるために具体的にした内容は以下になります。

1、何度も自己分析をする
2、定期的に自分の気持ちを確認する
3、自信をもって自分の意見を相手に伝える
4、挑戦する
5、たくさんの本を読む
6、人と比べない
7、相手の意見を鵜呑みにしない

上記の7つのことを習慣化すなわち「自分軸を見つけるための7つの習慣」をしみこませることが大切です。

私自身も「自分軸」をみつけたあとも、継続的に「7つの習慣」を行っています。なぜなら自分軸は変わりやすく見失いやすいからです。

人生の指針として自分軸を常に持っておくことがなによりも大切です。

自分軸を持てたことによる変化
・イライラしなくなった。
・他人がうらやましくなくなった。
・他人と比べることが少なくなった。
・自分のペースを掴むことができた。
・自分の成長が何よりも楽しみになった。
・自分の感情を大切に扱うようになった。

自分軸を見つけることができれば、嘘のようにストレスが減ります。いいかえるならば、自分でストレスをコントロールできるようになります。

自分の軸は○○で、相手の軸は△△と割り切ることができ、しっかりと自分の人生を歩むことができます!

では、「自分軸をみつける7つの習慣」を詳しく見ていきましょう。

自分軸をみつけるための7つの習慣

もう一度、「7つの習慣」をおさらいします。

1、何度も自己分析をする
2、定期的に自分の気持ちを確認する
3、自信をもって自分の意見を相手に伝える
4、挑戦する
5、たくさんの本を読む
6、人と比べない
7、相手の意見を鵜呑みにしない

1つ1つ見ていきましょう。

何度も自己分析をする

自分軸を見つけるために自己分析は欠かせません。そして、自己分析は一度で終わるものではないので何度も行います。

・何をしている時が一番幸せ?
・将来どんな風に生きたいのか
・本当にやりたいことは?
・人生でこれだけは達成したいことは?

こんな風に、自分に対して質問を投げかけるのです。何回も何度も問うて多くでてきたものが自分の中で揺るがない「軸」となりえるのです。

その軸の通りに、生活していくことが肝心になります。

定期的に自分の気持ちを確認する

自己分析とおなじくらい大切な作業が「気持ち」を大切にすることです。

具体的には、嫌なことが・嬉しいこと・悲しいこと・・・自分の気持ちが揺れ動いたことを深堀りしていきます。自分の気持ちはとにかく繊細なので、逃さないようにチェックします。

思い出したときに、嫌な思いをすることもあります。ただ、そういう時こそ大事な作業で、自分が本能から求めていることを知るチャンスになりえるので大変重要な習慣になります。

自信をもって自分の意見を相手に伝える

3つ目の大切な習慣は「自分の気持ちを正直に伝える」ことです。

相手に自分の気持ちを正直に伝えずにいると本当の自分を見失ってしまいます。自分の本当にやりたいこと・伝えたいことは何かということがわからなくなり結局「他人軸」で生きることになります。

他人の人生を生きることはとにかく辛くストレスが溜まります。自分軸で生きていくためには、とにかくこの「人間関係の問題」を解決しなくてはいけません。

人間関係にお悩みのあなたに参考になる本は「嫌われる勇気」になります。いまなら無料でもご視聴いただけます。

挑戦する

挑戦することは「ぶれない自分」をつくることに繋がります。「経験」は自分軸を作る上で絶対条件になります。

自己分析を通してでてきた「やってみたいこと、昔からやりたいと思っていたことあきらめていたこと」なんでもいいので、やってみてください。

そこでの経験が自分軸を作る上で大切になってきます。

僕の挑戦は
・ブログ
・資格勉強
・職場で新人教育を率先して行った
・部門の係をまっとうした
etc

挑戦は、小さいことから大きいことまで何でもいいです。とにかくやってみてください。するとあなたの感情が動きます。あなたの感情が動いたときに「ここちいいな」とか「続けたいな」って思うことをどんどんやってみてください。

嫌だなっていう感情も大切なので、その時はスパッとやめるもの大切です!

たくさんの本を読む

自分軸を見つけるためには、読書も必須要素です。

なぜなら、あなたの悩みは前に誰かが解決していて、その答えを見つけることができるのが本だからです。

メンタリストDaiGoは1日に20冊の本を読むことで有名です。生きるための知識から人生に役立つ知識までつけていくことがあなたの人生を明るくしてくれます。

まずは、読み放題で読書にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

人と比べない

普段の人間関係において大切なことは、人と比べないことです。

例えば
・インスタで晴れやかな生活している
・海外旅行で楽しそう
・新居うらやましい

SNSの普及で情報がすぐ手に入るようになり、容易に「自分と比べること」が可能になったわけです。逆に言うと、無意識で人と比べてしまっているんです。

人と比べなければそもそも悩みなんかないです。だけど、人とのかかわりを無くすことはできないので、自分で「人と比べない」とコントロールすることが大切です。

相手の意見を鵜呑みにしない

もう一つ、人間関係で気をつけるのは相手の意見を鵜呑みにしないことです。

すべてを吸収しようと思うと必ずパンクします。結局、自分軸がわからなくなり途方にくれます。

あくまでも自分の軸を大切に、相手の意見は参考程度に。本を読む時にも注意が必要です。

【あなたの中に眠っている】自分軸で生きるための7つの習慣

これまで、「自分軸で生きるための7つの習慣」を紹介しました。

もう一度おさらいしましょう。

1、何度も自己分析をする
2、定期的に自分の気持ちを確認する
3、自信をもって自分の意見を相手に伝える
4、挑戦する
5、たくさんの本を読む
6、人と比べない
7、相手の意見を鵜呑みにしない

注意しておきたいところが「自分軸をもつ=何か1つのことを極める」ではないです。

自分軸で生きるために必要なことは、自分の素直な気持ちを自分にも相手にも表現していくことです。

逆に言えば、自分の素直な気持ちを相手の顔をうかがいながらしまいこんでしまう、自分にもうそをついてしまう。そんなことが癖づいてしまうと、これから先ずっと自分に自信を持てずに時間だけが過ぎてしまいます。

自分にも相手にも素直に生きることが自分の人生を歩むことにつながり、ストレスなく自信をもった人生を送ることに繋がると筆者は考えます。

最期まで読んでいただきありがとうございました。

-Thought

Copyright© Oden Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.