Thought

【20代】仕事のやる気が出ないたった1つの原因【自分軸が定まっていません】

2019年12月21日

 

こんにちは、おでんです。

 

困った人

・最近、仕事に熱が入らない

・このままこの仕事を続けていいんだろうか

 

このような悩みを解決する記事を書きました。

 

仕事をされている方であれば一度は直面したことのあるこの問題。特に、20代の方は圧倒的な経験不足がプラスされて様々な原因から仕事のやる気が下がってしまいます。

 

・人間関係でぎくしゃく

・自分のやりたいことと違う

・忙しくてプライベートの時間がない

 

仕事にかける時間は人生の3分の1です。人生のほとんどを仕事に費やすからこそ仕事のやる気をなくなってしまっては人生の多くの時間を無駄にしてしまいます。

 

その解決に向けて今から行動しておくべきで仕事のやる気がなくなってしまう根本原因を先にいっておくと「自分軸が定まっていないことにあります。

 

自分軸をしっかりもつことで人間関係や仕事環境に左右されない自分らしい働き方を実現することができます。自分軸の定めるのに役立つ記事となっていますので最後までご覧ください!

 

 

【20代】仕事のやる気がでない原因【なぜ自分軸が定まらない?】

 

まず最初に、20代ではなぜ自分軸が定まりにくいのかをお話ししていきます。

 

最初にいくつか質問します。

 

・仕事で何を達成したいですか?

・仕事とプライベートの比率は?

・20代までに達成したいことは?

・【これ重要】お金を稼いだら何をしたいですか?

 

まず、これらの質問に答えることができなければ「自分軸が定まっていない」といえます。

 

自分軸が定まっていない状況で「上司に理不尽なことを言われた」「関係ない仕事をさせられた」「残業が多い」などの外部要因が重なると仕事へのやる気がなくなってしまうんです。

 

自分軸が定まっていて自分の達成したいことに一生懸命になれれば、外部要因があっても関係ないです。環境や状況が悪くなれば転職や退職といった選択ができますからね。

 

常に自分のやりたいことをやれている人、つまり自分軸が定まっている人は仕事へのモチベーションが非常に高いといえます。

 

20代はいろんなことを考える年代

 

「自分軸が定まっている=仕事のやる気が上がる」と説明しましたが、20代で自分軸を見つけるのはそう簡単ではありません

 

なぜなら、20代は仕事やお金、恋愛、住む場所など自分の人生を決める機会が非常に多いからです。さらに仕事のやる気を低下させる原因は他にもあります。

 

・恋人と喧嘩した
・もっと都会で生活したい
・もっとお金を稼ぎたい

 

仕事のやる気が下がる原因は決して直接的な原因だけでありません。プライベートの状況次第でも仕事へのモチベーションが下がってしまうんです

 

20代は仕事だけではなくプライベートでも考えることがたくさんあるということを覚えておきましょう。

 

一番重要なのは、今この瞬間に「自分は人生をどうしたいのか?」とまずは考えてそれに向かって行動することです。

 

 

さまざまな働き方を選択できる今の20代

 

 

現代ならではの問題として「仕事の幅が広がっている」「仕事の選択肢の幅が広がっている」ことも20代を迷わせる要因です。

 

一般的に「仕事=企業に勤めるというサラリーマン」を想像すると思います。現代では会社に属さないフリーランスやYouTuber、趣味の延長線上のプロゲーマーと働き方が多種多様になっています。

 

「この仕事に就けば安泰!」という以前の終身雇用の考え方は通用せず、現代は「20代の働き方の正解が見えにくくなっている時代」でもあります。

 

そのように色々なことが選択できるようになった時代だからこそ自分軸が見つけることができず仕事のモチベーションが上がらない人が多いのが現状です。

 

日本の就職制度が悪い

 

20代の自分軸が定まらない原因にもう一つ「日本の就職制度」の問題があります。

 

考えてもみてください。親の世話になっていた10代、20代の人が突然社会に出るわけですから、初めから自分のやりたいことをやれる人はほんのひと握りです。

 

Oden
海外は30歳までに自分が食っていける定職に就けばいいという考え方らしいよ。

 

20代での様々な経験を通して30代までに自分に合った定職に就きましょうということです。

 

なので海外では20代で「自分に合わない仕事」と分かればすぐやめるかたが多いようです。自分の人生をどうしたいかを全力で考えることに全精力を使います。

 

 

20代は仕事のやる気がなくなって当たり前【自分軸は経験で積みあがる】

 

 

これまで20代は自分軸が定まりにくく、今の時代はさらに状況を悪化させているという話をしてきました。

 

そうなんです。今の時代の20代は自分軸がなくて当たり前なんです。「自分軸がない=普通」なのでそこまで深刻になる必要はありません。

 

さまざまな経験を通して自分軸が定まっていくものなのでいくら悩んで考えていても仕方がないんです今仕事へのやる気がなくても大丈夫です。自分軸を見つけるためにいろんな経験をしていくことが大事なんです

 

困った人
どんな経験していけばいい?

 

と疑問に思う方もいるでしょう。むやみやたらに経験すればいいというわけではありません。自分の興味や価値観が向く経験が必要になるので、まずは自分を知ることが大切です。

 

それがわかったところで、続いては「どのような経験をしていくか」をで4つのステップにわけて解説していきます。

 

20代で仕事のやる気が出ないを解決する4つのステップ

 

自分の興味・関心が向く経験をするために手順を解説していきます。

 

簡単な流れ

1.自己分析

2.人生で何をしたいか大雑把に決める

3.自分に従って行動する

4.様々な経験を通して徐々にぶれない自分をつくる

 

この順番で自分軸をつくり行動していきます!手順を詳しく見ていきましょう。

 

1.自己分析

 

自分軸を見つけるために一番重要なのは自己分析です。自己分析できができなければ「自分軸はみつからない」と思ってください。

 

自己分析の方法はいくつかありますが「これが1番いい」という方法はありません。ただまっすぐに「自分はなにがしたいのか」「何をしている時が1番幸せなのか」と何回も自問自答していくのです。

 

困った人
自分で自己分析するには限界があるよ。。

 

なので、私が自己分析の時に活用した本を紹介します。それは前田裕二さん著書の「メモの魔力」です。

 

「メモの魔力」の巻末に1,000問チャレンジがあります。あなたに質問を1,000問ぶつけてくれます。すべてに答える必要はないですが、ある程度質問をこなすと自然と「自分ってこういう人間なんだ」が分かってきます。

 

また作中では「自己分析」をする際の考え方を丁寧に解説してくれているので、手順通りやれば自分がつかめてくるはずです。

 

 

 

2.人生で何をしたいのか大雑把に決める

 

自分が何に心を躍らせて、何に幸福を感じるのかがわかれば、あなたの進むべき方向性は30%ほど決まりました。

 

もっとわかりやすくお伝えしますね。

 

【例1】
自分軸:人を喜ばすことが好き!
方向性:書類業務ばかりの仕事よりも接客業の方が向いている

【例2】
自分軸:縁の下の力持ちになりたい。人前ではなく陰で人を支えたい。
方向性:プレゼンや会議の多い仕事ではストレスが溜まる。

 

正直、かなり極端な例を出しましたが、自分軸とまったく異なるジャンルの職業についている日本人が大半です

 

なぜなら圧倒的に経験が足りず自分軸が定まっていないからです。さらに親の代から「仕事は我慢するもの」というマインドを叩き込まれている方が大勢います。

 

なので、自分軸をしっかり見つけて自分が進むべき方向性を大雑把でもいいので決めることが大切です。

 

3.自分軸に沿って行動する

 

ここまでくれば、あなたの進むべき方向性は50%ほど決まりました。あとは、あなたの自分軸に従って行動するのみです。

 

この行動が非常に難しいです。どうしても「めんどくさい」「おっくうだな」と自分軸を見つけても行動できず結果何も変わらない人が大半です。

 

ここで行動できるかどうかが「仕事へのやる気」をアップさせるかどうかの分かれ道です。

 

4.さまざまな経験をして徐々にぶれない自分をつくる

 

はっきり言わせていただくと、自分軸がわかっても行動できなければ時間の無駄です。

 

逆に、一歩でも行動できた人ならばどんどん行動していきます。そしてその行動1つ1つが徐々にぶれない自分をつくっていくんです。

 

まずは、自分の興味・関心が向くことに色々チャレンジしていきましょう。本を買うのも良し、自分のやりたかったことをこの瞬間にやるのも良しです。

 

 

20代は仕事のやる気がなくなって当然【自分軸はずれても良い。悩みを楽しむ。】

 

 

仕事にやる気がでない・つまらないという感情は「自分軸が定まっていない」ことが原因です。

 

繰り返しになりますが20代は自分軸が定まらなくて当然です。

 

言い変えれば、しっかりとした自分軸をつくる年代が20代なんです。あなたが30代になるまでにしっかりとした自分軸を見つけていればいいんです。

 

あなたの人生にとって自分と向き合う時期がきたという解釈もできます。

 

Oden
30代になると家庭を持ち子供が生まれて家族を養わなければいけません。 自分軸を見つける暇なんてありません。「20代で自分軸を見つけよう!」と思えたことがラッキーですよ。 

 

もう一度、自分軸を見つける手順を復習しましょう。

 

 

簡単な流れ

1.自己分析

2.人生で何をしたいか大雑把に決める

3.自分に従って行動する

4.様々な経験を通して徐々にぶれない自分をつくる

 

自分軸を見つけるファーストステップとして自己分析が大切です。そして行動しなければ何もあなたの現状は変わりません。

 

明るい30代に向けて今この瞬間から行動していきましょう!

 

人気記事会社員におすすめな副業を紹介!【選ぶ際のポイントは3つ】

 

人気記事 Kindle Unlimitedを使ってみた感想【紙書籍派でも大満足】

 

-Thought

Copyright© Oden Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.