WORK

仕事で悩んだときに読む本3選。悩みのジャンルに分けて紹介します。

2019年11月22日

こんにちは、おでんです。

 

人生の中で1番時間を費やすと言われている仕事。仕事をしていれば誰でも悩みの1つや2つありますよね。

 

「本当にこの仕事でいいのか」「自分に合っている仕事は他にあるんじゃないか」と働き方に関しては悩みが多く聞かれます。

 

私自身も働き方に関して悩んだ時期がありました。

 

本当はもっと自分に合っている職種があるのではないかと毎日悩み、今の仕事をやめようかとも考えました。

 

だからといって他にしたい職種があるわけでもなく、本業に身が入らずだらだらと時間ばかり過ぎてしまいました。

 

そんな過去をもつ今の私ですが、「自分に合う職種はもっとあるんじゃないか」と悩むことはなくなりました。

 

むしろ本業に対しての価値観が変わり、今では仕事を楽しく続けられています。

 

さらに言うと、もっといろんな世界を見てみたいとポジティブになっています。そしていつの日か、自分が理想とする働き方をするために下積みを頑張っています。

 

そんな働き方に関しての悩みを解決できたのは数々の本を読んだからです。

 

その中で私がオススメする3冊を紹介します。

 

仕事で悩んだときに読む本3選

 

仕事で悩んだときに読む本を三冊紹介します。

 

仕事の悩みを3つに分け、それぞれに合っている本を紹介していきます。

 

 

仕事の3つの悩み

・「今の仕事でいいのか」と悩んでいる人

・「転職や副業」を考えている人

・「今の仕事でもう少し頑張ろう」と思っている人

 

 

「今の仕事でいいのか」と悩んでいる人

 

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣が執筆した【新・魔法のコンパス】をオススメします。

 

この本はビジネスマンすべての人に読んでほしい1冊です。

 

この本では現代においてどう生きるかという思考法・生き方を学べます。

 

特に感銘を受けた内容は「複業を通して自分の希少価値を高めていく」ということです。

 

自分の希少価値を高めていくことが現代を生きる上では大切で、自分のやりたい仕事にも繋がっていくことを教えてくれました。

 

希少価値を高める方法を「筆者の実体験」や「一万時間の法則」を通してわかりやすく解説してくれています。

 

この「新・魔法のコンパス」は本が薄くて、わかりやすく解説してくているのでスラスラと読みやすいです。

 

※当ブログ筆者感想

 

以前までは「自分に合っている職種はもっとあるはずだ」と思い悩んでいましたが、「新・魔法のコンパス」を通して考え方が変わりました。

 

「職種が変われば自分も変われる」と環境のせいしていた私ですが、今の環境でも自分自身を変えることはできると思ったんです。

 

今では本業一筋という考え方はなくなり、本業以外にさまざまなことに挑戦できるようになりました。

 

そうすることで本業一筋からくるプレッシャーから逃れられ、毎日楽しく仕事ができています。

 

「今の仕事でいいのか」と悩んでいるあなたに新しい道を与えてくれます。

 

「転職や副業」を考えている人

 

転職や副業を考えている人が読むべき一冊はmotoさん執筆の「転職と副業のかけ算」です。

 

motoさんは本業で1000万、副業で4000万円を稼いでいる方で、Twitter界ではかなり有名です。

 

この本は、転職や副業を考えている人にはぜんひ読んでもらいたい一冊です。

 

この本の冒頭では「給料はもらうものではなく稼ぐもの」と題し、会社に行って給料をもらうという世間一般的な常識を覆してきます。

 

さらに読み進めていくとmotoさんがサラリーマン時代をどうのように考え、現在に至るのかを経歴をもとに解説してくれています。

 

その上で転職のノウハウをわかりやすく解説してくれています。さらに現在の流行ってきている副業に関しても触れており今の時代に沿った「サラーリンマン×副業」の姿を解説しています。

 

「今の会社が嫌だから転職したい」「将来が不安だから副業をしたい」と漠然と思いながらも行動できない方や今まさに転職や副業に挑戦しようとしている方に一読してほしい一冊です。

 

 

※当ブログ筆者感想

この本は筆者がサラリーマンのかたわら副業としてブログを始めて、3か月がたったときに読みました。

 

この本を読んで思ったことは「ブログを始めて良かった」です。

 

副業としてブログを選んだのは間違っていなかったし、これからの進むべき道がみえたそんな気がします。

 

今まさに不安な将来に備えて何か始めようと思っている方の背中を押してくれる一書となります。

 

行動できず悩んでいるのであれば、まずは本書を手に取ってください。

 

 

「今の仕事でもう少し頑張ろう」と思う人

 

「今の仕事は嫌いじゃないからもう少し頑張ろう」と、会社に不満はあるけれど何とかまだ頑張れそうという方にオススメな一冊です。

 

渡部和子さんが執筆された「置かれた場所で咲きなさい」です。累計売上部数200万部を超えたベストセラー&ロングセラーの本です。

 

本の内容がすべてあなたに向けたメッセージのような展開になっているため非常に読みやすい本です。

 

仕事をしていれば1つや2つ悩みがあってとう当然です。仕事だけではなくあなたの人生という風に考えた場合、悩みは無数にあるものです。

 

そんなあなたに向けて生きる力をくれる1冊となっています。

 

 

※当ブログ筆者感想

「置かれた場所で咲きなさい」は自分が生きる上で大切にしている本です。

 

仕事や生活で悩んだときに活力を与えてくれました。がむしゃらに頑張るのではなく時には休憩も大切なことを教えてくれました。

 

さらに、自分の置かれている環境や状況が変化したときに読み返すと、以前読んだときと自分に刺さるフレーズがまったく異なるのです。

 

そんな魅力がつまった1冊となっており、1家に1冊あってもいい本なのでオススメします。

 

 

仕事のことで悩む時間があったら行動しよう

仕事の悩みをジャンル別に分けて3冊の本を紹介しました。

 

仕事をしていれば悩みがあって当然です。でも悩んでいても現状は何も変わりません。

 

あなたが行動しなければ現状は変わらないのです。

 

いきなり仕事を辞めるとか転職するのはハードルが高いと思っている人こそ、本を手に取るべきです。

 

なぜなら、あなたの悩みを解決してくれる一助となってくれるからです。

 

本は1冊1,000円~2,000円です。お金はかかりますが悩みが解決できれば安いものです。

 

小額な自己投資であなたの悩みが解決し、もっと貴重なあなたの大切な時間が生まれます。

 

悩みを解決しあなたらしい人生を歩んでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

-WORK

Copyright© Oden Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.